見出し画像

フラッグのミーティングで使ったアイスブレイクのネタと盛り上がり度

現在、フラッグでは社長が全社員とコミュニケーションを図るキャラバンを行っています。その意図や目的はまた別の機会に書こうと思いますが、キャラバンは僕が司会進行を努め、メンバーは5名前後、最初にアイスブレイクを行っています。今回はMTGの際に役に立つ(かも知れない?)アイスブレイクのネタについて書いてみます。

アイスブレイクとは?

ミーティングの参加メンバーがコミュニケーションを取りやすい雰囲気を作り、その後のミーティングで積極的に考え、発言してもらえる空気づくりをします。番組制作で言えば前説でしょうか。みんなで声出しや拍手の練習をするような… ミーティングの場合は、司会がひとりで話すというよりは、テーマに沿った自己紹介や簡単なゲーム等を参加メンバーみんなでやっていくことが多いです。

今回のキャラバンは約50回に渡るグループミーティングとなるため、その回数分、アイスブレイクを行います。が、どんなテーマで進めるか、何をするのかに関しては基本的にひとりで考えて決めています。Googleで検索した時の関連ワードに「アイスブレイク ネタ」というものがあり、結構悩んでいる人も多いのかもと思ったので、キャラバンで使ったアイスブレイクのテーマを書いてみようと思います。実際に感じた現場での難易度と盛り上がり度もつけてみました。


1. 週末何食べた?

食事は誰しもがしていることですし、個人的に話が膨らませやすいので重宝しています。ただ、「何食べた?」だけだったり、「直近何食べた?」だと、話題の選択肢が無くてつまらない場合もありそうなので「週末」として、ランチなのかディナーなのかはなんでもいいけど、印象に残ったものを話すようにしてもらっています。月曜日にしか使えないのが玉に瑕です。

盛り上がり度 ★★☆
難易度 ★☆☆
想定時間 1分✕人数

2. 上半期で印象深かったこと

ちょうど2022年も半分が終わったタイミングでもあったので振り返り的に聞いてみました。ただ、日常のカレンダーは意識しても、半期とか1年で自分の生活を意識している人は少ないので、話者が話をまとめるのに時間を要する印象でした。

盛り上がり度 ★☆☆
難易度 ★★☆
想定時間 1〜3分✕人数

3. この夏、食べたいもの飲みたいもの

上記、ふたつの掛け算のようにテーマを作ってみました。夏休みの予定だったり、週末の予定だったり、今、楽しみにしているものの話なので色々と出てくるかと思ったんですが、結構考えるのに時間がかかっている印象でした。そして今のところ、スイカ&ビアガーデン(のビール)が多いです。

盛り上がり度 ★☆☆
難易度 ★★☆
想定時間 1〜3分✕人数

4. 他己紹介(共通点を探せ)

隣の人を紹介していく、自己紹介ならぬ他己紹介です。ただ、紹介してもらうというだけではなく、「その人との共通点」を盛り込んでもらうことで、自己紹介要素もちょっと入れつつ、共通点はその後のミーティングでも活用できれば活用します。ただ、社歴が同じくらいのメンバーが集まっているグループじゃないと、話せる内容に偏りが出てしまうので注意が必要です。

盛り上がり度 ★★☆
難易度 ★★☆
想定時間 1〜3分✕人数


以上、アイスブレイクで使ってみた4つのネタを紹介しました。盛り上がり度 ★★★ ってのがまだ発見できていないのですが、本編以上に盛り上がってもいけないのかも、とも思いつつ、今後も星みっつを探して精進していきたいと思います。

それでは、また。


この記事が参加している募集

#企業のnote

with note pro

13,038件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。週1回ペースで更新をしていますので、ぜひフォローをお願いします。