見出し画像

祝移転! 広島オフィスのデータ&実績紹介〜フラッグのブランチレポート 広島編 vol.1

こんにちは、フラッグ広報チームのタカバシです。

現在、フラッグは東京の他に、名古屋、大阪、広島、松山、沖縄、ロサンゼルスにも拠点があります。今回はつい最近、新しいオフィスに移転をした広島オフィス(せとうちブランチ)をご紹介いたします。


フラッグ 広島オフィスはどこにある?

広島市中区大手町4-6-16 山陽ビル7F

広島オフィスは広島市役所の近く、国道2号線沿いの山陽ビル7階にあります。最寄り駅は広島電鉄「市役所前駅」で、JR広島駅からは車で15分ほどの場所になります。
>> Google Map

広島オフィスは2019年10月に開設し、今回で2度目の移転になります。主な業務内容は、映像やWeb等のコンテンツ制作、そしてソーシャルメディア運用やWeb広告配信などのデジタルマーケティングです。他のブランチよりもTVCMの案件が多いことも特徴のひとつです。

広島オフィスのスタッフデータ

広島オフィスで働いているのは8名(2022年9月現在)で男女比率と年齢分布は以下のようになっています。

平均年齢は32.8歳です。フラッグ全社の平均年齢は33.4歳なので、若干若いです。

広島オフィスの主な実績

庄原観光推進機構 プロモーション映像制作

若年層の観光誘致を目的として、広島県庄原市の冬の魅力を最大限に引き出す映像の企画・制作を担当させていただきました。
ソーシャルメディアでの反響を狙い、撮影には若年層への影響力が高い関東のインフルエンサーを起用しました。彼女たちの目線で切り取った庄原エリアの新たな魅力を、従来の映像とは一味違った演出で紹介しました。
その他、同エリアの魅力発信をするための観光Instagram運用、キャンペーン運用、広告配信も担当させていただいています。


作陽学園 TVCM

「作陽学園高等学校 移転告知」「くらしき作陽大学 オープンキャンパス告知」のTVCMを制作させていただきました。同学園の「ひとの心を動かす人になる。」というコピーを活かし、高校が新しく移転することや、大学に入り学ぶことの期待感を醸成させる演出をしました。制作した映像はTVCMのみならず、デジタル広告配信も行い、ターゲットへのリーチを最大化させました。


オタフクソース「たちまちうまい酢」TVCM

同社の商品「たちまちうまい酢」のTVCMを制作させていただきました。「中四国エリアで好まれる甘味といりこ・かつおだしのほのかな旨味の調味酢」であることを訴求すべく、ナレーションには各県の方言を活用し、「○○(地方)の人にちょうどいいお酢」という演出で、“かけるだけで味が決まる” 商品の強みを伝える映像に仕上げました。


広島オフィスでは、年間100件以上の案件に携わっています。映像やWebの制作はもちろん、ソーシャルメディアやデジタルアドの運用など、これまでのメディアやクリエイティブにデジタルを組み合わせる案件も得意ですので、ぜひお気軽にご連絡をいただければ幸いです。もちろん、広島だけではなく、愛媛、香川、山口、岡山など、せとうちエリアからのご相談もお待ちしています。

せとうちブランチ[広島・松山]について詳しくはこちらをご覧ください👇

次回は引っ越したばかりの広島オフィスの内部をご紹介します。お楽しみに。

それでは、また。


この記事が参加している募集

#企業のnote

with note pro

13,038件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。週1回ペースで更新をしていますので、ぜひフォローをお願いします。