令和は西暦の下2桁を足せばいい
見出し画像

令和は西暦の下2桁を足せばいい

フラッグ 広報TEAM

新年あけましておめでとうございます。
フラッグ広報チームのタカバシです。

フラッグでは会社としての年賀状をやめていますが、個人的にも年賀はがきを送ることは何年もしていません。そんな中、LINEやドラクエウォーク等で年賀状的なデザインを見て思ったんです。

以前は毎年、年賀状を見る度に日本の年号を思い出していたなぁ…

ちなみに2022年は令和4年になります。

基本的に西暦を使うことが多く、たまに役所等の書類で年号が出てくると「今って平成ナン年だっけ?」と考えることが以前は多かったんですが、とりあえずあと8年は、西暦の下2桁を足すことで令和○年かが簡単に算出できます
※2030年からは下二桁から18を引く、となります。

2000年以降の平成は下二桁に12を足す、昭和は西暦の下2桁から25を引く、という方法で算出してきました。

ということで、本年も僕がメインでnoteを更新していくことになるかと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

富士山から日の出を臨む

次回からは、せとうちブランチ 松山オフィスのレポートに戻りたいと思います。

それでは、また。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
フラッグ 広報TEAM
株式会社フラッグは、デジタルマーケティングの総合プロデュースを担うデジタルエージェンシーです。note では、各ブランチ・オフィスのことやフラッグで行ったイベントについて発信していきます。